文教大学吹奏楽部

→ HOME

→ 指揮者紹介

→ トレーナー紹介

→ メンバー紹介

→ 演奏会情報 
→ 定期演奏会の記録
→ コンクールの記録
→ Q&A
→ CD紹介
→ リンク
→ 聖二のひとりごと(blog)
→ 掲示板
メール お問い合わせ

 

《トレーナーの先生方紹介》

 

相澤 政宏 [Flute]

 宮城県出身。1987年東京音楽大学入学。1989年、大学3年在学中に弱冠20歳で東京交響楽団に入団。1991年、日本フルートコンベンションコンクールにて3位入賞。1995年同団首席奏者に就任。以来同団とはソリストとしても度々共演を重ねる。また、オーケストラ以外にも、室内楽、ソロ、レコーディングなど幅広く活躍している。現在、東京交響楽団首席フルート奏者。東京音楽大学非常勤講師。ザ・フルート・カルテットのメンバー。日本フルート協会理事。

ライン ドット

 

池田 肇 [Oboe] 

 1972年国立音楽大学卒業。卒業演奏会および岩手県新人演奏会に出演。1976年山形交響楽団に入団。東京佼成ウィンドオーケストラを経て、1981年東京交響楽団に入団する。以後首席奏者としてオーケストラとともにソロ、またリサイタル、室内楽の他、講習会の開催、各種審査員、吹奏楽団の指導など多彩な活動を行っている。1982年釜石市と東京・石橋メモリアルホールにてリサイタルを開催。

1994年より草津音楽祭に参加し、トーマス・インダミューレらとともに室内楽を共演。また東京交響楽団とはモーツァルト協奏交響曲やアルビノーニの協奏曲のソリストとして共演している。現在、東京交響楽団首席オーボエ奏者、日本オーボエ協会常任理事。

ライン ドット

 

服部 吉之 [Saxophon]

 愛知県出身。76年東京芸術大学卒業。阪口新、泰賢吾の両氏に師事。79年、同大学大学院修了後パリ市立音楽院を1位で卒業。75〜78年、東京佼成ウィンドオーケストラで首席を務める。78、80年キャトルロゾーサクソフォンアンサンブルで民音コンクール室内楽部門入賞。現在室内楽、ソロを中心に全国各地で演奏活動を行っている。洗足学園音楽大学教授、東京コンセルヴァトアール尚美講師。

ライン ドット

 

福井 蔵 [Fagotto]

 群馬県出身。15歳よりファゴットをはじめる。東京音楽大学卒業後、同大学助手を経て、東京交響楽団へ入団。第6回日本管打楽器コンクール入選。読売新人演奏会出演。霧生吉秀、菅原眸の両氏に師事。現在、東京交響楽団首席奏者である傍ら、レコーディングや多くの学生の指導等、幅広く活躍中。

ライン ドット

 

金沢 茂 [Brass Section]

 1947年宮城県鹿島台町生まれ。1971年国立音楽大学卒業。同年東京交響楽団にトロンボーン奏者として入団。卒業時に武岡賞受賞。1976〜78年文化庁在外研修員としてウィーン国立音楽大学入学。78年同大学卒業。同年東京交響楽団復帰。1994年まで首席奏者として活躍。1984、86年ソロリサイタルを行う。1994年〜東京交響楽団のパーソナルマネージャーに就任。現在に至る。

ライン ドット

 

中山 隆崇 [Trumpet]

 神奈川県茅ケ崎市出身。武蔵野音楽大学卒業。シエナウィンドオーケストラ、東京交響楽団を経て東京都交響楽団へ入団。1998年度アフィニス音楽文化振興財団の奨学金によりミュンヘンへ留学。ミュンヘンフィルハーモニーオーケストラ首席奏者ギド・セガース氏に師事。これまでにトランペットを久保義一、故中山冨士雄、渡仲郁夫の各氏に師事。オーケストラ活動だけではなく、ソロ、室内楽等でも活躍している。現在、東京都交響楽団団員。東京メトロポリタン・ブラスクインテット、ザ・トランペットコンサート、Mostly Trumpet 「THE MOST」、トウキョウブラスシンフォニー他メンバー。洗足学園音楽大学非常勤講師。

ライン ドット

 

今井 仁志 [Horn]

 東京芸術大学音楽科卒業。卒業後、ドイツR.シュトラウス音楽院に留学。ホルンを千葉馨、伊藤栄一、D.クレヴェンジャー、E.ティルヴィリガーの各氏に師事。オーケストラアンサンブル金沢、東京交響楽団首席奏者を経て、現在、NHK交響楽団首席奏者として所属。

ライン ドット

 

花坂 義孝 [Trombone]

 岩手県出身。東京芸術大学卒業。在学中より上野の森ブラスの他に、原信夫とシャープス&フラッツのメンバーとしても活躍。シャープス&フラッツを退団後もクラシック、ジャズともにこなすマルチプレイヤーの名声を欲しいままにしている。先生には金管のトレーナーとしても、長年に渡り熱心なご指導をいただいております。

ライン ドット

 

牛渡 克之 [Euphonium]

 宮城県出身。東京芸術大学大学院修了後、スイス・ベルン音楽院ソリストクラスに学ぶ。88年日演連オーディション合格、仙台フィルハーモニー管弦楽団と共演。国際チューバユーフォニアム協会世界大会でのソロコンクール第1位。第9回日本管打楽器コンクール第2位。これまでユーフォニアムを三浦徹、(故)大石清、ジェームズ・ガーレイの各氏に師事。現在、岩手大学准教授。

ライン ドット

 

渡辺 功 [Tuba]

 東京都出身。東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。ューバを大石清、多戸幾久三、中野渡勝弘、アーノルド・ジェイコブの各氏に師事。第3回日本管打楽器コンクールテューバ部門第2位(1位なし)。東京シティフィルハーモニック管弦楽団を経て現在、東京交響楽団首席奏者。東京シンフォニエッタ、カスタム・ブラス・クインテットメンバー。聖徳大学、洗足学園音楽大学、桐朋学園大学非常勤講師。国立音楽院指導員講師。日本ユーフォニアム・テューバ協会理事。

ライン ドット

 

加藤 信吾 [Contrabass]

 1959年生まれ。茨城県日立市出身。東京芸術大学音楽学部器楽科卒業後、同大学院修了。コントラバスを、永島義男氏に師事。大学院在学中、東京交響楽団に入団。現在は、東京交響楽団首席奏者。演奏活動の傍ら、多くの学生等の指導に力を注いでいる。

ライン ドット

 

畑中 暢行 [Percussion]

 桐棚学園子供のための音楽教室に5歳より入室。

その後東京芸術大学器楽科(打楽器専攻)に入学。芸大在学中にパーカッショングループ72のメンバーになる。一方、オーケストラでの演奏活動、録音スタジオ等でも演奏活動を始める。1981年度NHK教育テレビ「歌ってゴー!」レギュラー出演。1980年〜1987年東京吹奏楽団に在籍。「スウイニートッド」(日本初演)「レ・ミゼラブル」(初演より8年間)「ミス・サイゴン」(日本初演)などのミュージカルに多数参加。

吹奏楽の指導でも1985年から文教大学吹奏楽部、1999年から創価グロリア吹奏楽団等の指導にもあたり、めざましい成果をあげている。

現在、パーカッショングループ72 / 東京バッハ・カンタータ・アンサンブル / 東京アーバンブラス / VIVID BRASS TOKYO メンバー。

オフィシャルサイト:http://hataboh.ath.cx

打楽器を小島 光・有賀 誠門氏に師事、マリンバを高橋 美智子に師事。

ライン ドット

 

三宅 美子 [Harp]

 東京芸術大学卒業。ソロリサイタル、室内楽、オーケストラ、スタジオレコーディング、TVなど多方面で活躍。「ハープ・コレクション」のタイトルでのリサイタルは好評であり、ハーモニカの崎元譲やトロンボーンのブラニミール・スローカーとのデュオでも好評を得ている。86年からはノルウェーの作品を取り上げたフルートとハープのコンサートを多数行っている。1990〜1999年由紀さおり&安田祥子童謡コンサートのハープ指導。玉木宏樹の純正音楽に賛同し、2007年「夕顔」をレコーディング。

 

 
2011年8月現在

 

 

TOP

このwebサイトへのお問い合わせは bunkyo_brass@yahoo.co.jp までお願い致します。

Copyright (C) Bunkyo University Wind Orchestra. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system